100
主たる悪は誰かと言えば当時の政府、民主党になります。
しかし、2010年3月に発生頸梗膊痛したとき、このウイルスの感染力を考えれば、直ぐにその周りの牛達を処分し、感染地への出入りを禁止するのが当たり前だったのにも係わらず、牛の処分に掛かる費用やその他の補償を出し渋った為、政府に援助を求め回答を待つまでの間(約3ヶ月の間)に病気は拡散し、被害を増大させました。
最初に安愚楽第七牧場で口蹄疫発症したときに何故遅れたか、安愚楽牧場は創価学*と小沢一*うが投資していた為、東国原さんは牛の処分を決められなかったし、感染牛だけを内密に処理しようとしたと言われてい初中數學補習ます。

初期の牛達の症状が軽い事から、処分せず、ワクチンや消毒で事を済まそうとした打算が招いた事は明らかで、本人も後にそれを認めております。
しかし、国からの保障を勝ち取った事で、彼は断罪されずにすみました。

世間は当時、感染牛を食べると危険という噂が広がっており、マスコミやタレント評論家など、その事を危険な肉と表現しておりました。
その為、一般の人たちの中にはそれに影響された方々が大勢いたと思われます。

椎たけ夫さんの仰るとおり、震災の時も中船体当たAlphamind補習社りなどの外交の対応等、何をやらしてもダメだった民主党の責任者達が未だに表舞台から消えないでいるのが日本の政治、国民の危機感や程度の低さだと認識しております。

彼らが応援する韓国や中国なら、刑務所送り、もしくは最悪死刑になるくらいの判決を下されるかも知れない重罪になることでしょう。